お問い合わせ 平日10:30-19:00
TEL:03-3262-0669
メールでのお問い合わせはこちらから

  • 春の花鳥文 ふんわんりと咲く葛西義信さんの桜の花、柔らかく切れ味の良い松本郁美さんの鳥文。春の食卓に相応しいやさしさ溢れるうつわです。

【HPメンテナンスのお知らせ】

 3月27日(月)10:00~17:00
 メンテナンスの為、オンラインショップへのアクセスが出来なくなります。
 ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

安達和治

自称雑器作者の日常主義が花開く

織部、アメ釉、ルリ釉、粉引・・・
古来より愛されてきた手法を用いつつ、それらを新しい雰囲気に仕上げます。 「少しでも多くの食卓で自分のうつわを使ってほしい」 至ってシンプルなこの願いこそが、安達さんの仕事に奥深さを与えているのです。

安達和治

安達和治 ―あだち かずはる― (愛知県豊田市)
【うつわのジャンル】 土もの(織部、飴釉、黄瀬戸、灰釉 他)
【主な陶暦】 1999年 愛知県立窯業高等技術専門校卒業。
2003年 愛知県豊田市平町に築窯。

安達和治作品
表示切替: 並び順:
10件中1件~10件を表示
10件中1件~10件を表示

  • 九段のお店アクセスはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 店休日

ページトップへ