お問い合わせ 平日10:30-19:00
TEL:03-3262-0669
メールでのお問い合わせはこちらから

  • 花岡隆展 花岡さんが作り出す、時を経ても色あせない洗練の仕事が今年も花田ギャラリーを埋め尽くします。
 

ほたる窯

ほたる窯

食卓の定番、ほたる窯

コスモス皿、渕鉄楕円皿、白磁八角皿・・・
食卓の定番として、多くの方々の食卓で活躍し続けているうつわが
石川県ほたる窯が作り出すロングセラーの数々です。



ほたる窯

コスモス皿

ほたる窯の作者清水さんは、ご夫妻そろって九谷青窯の出身です。
独立後間もない秋の日、清水さんは自宅近くに咲くコスモスを見て
「このコスモスがお皿にならないかな」と思ったのがきっかけだそうです。
縁にさりげなく線を描いた染付と赤絵、
柔らかなブルーを前面に施したルリ。
赤絵だけは上絵として1回多く焼成するのですが
3色とも同じ価格で、20年以上作り続けています。

銘々に又は取り皿として
和洋を問わず、どの料理とも相性良く映えるのも魅力です。
テーブルに並ぶとまさにコスモスの花が咲いたような
愛らしく楚々とした雰囲気がが漂います。

ほたる窯

白磁八角皿(大)

例えば、新しい生活にうつわえお選ぶとしたら・・・
多くのお客様に自信を持っておすすめしてきたうつわのひとつが
ほたる窯の白磁八角皿です。
20年以上も作り続けているロングセラーで
トースト、オムレツ、目玉焼き、焼き魚・・・
普段のなじみあるメニューにぴったり合うお皿です。

焼き立ての食パンやバターロールにパン皿として朝食に。
焼き魚や生姜焼き、普段のおかずを盛り付けて、ごはんとお味噌汁に。
シフォンケーキやタルトにアイスクリームを添えてデザートプレートに。

シンプルな白磁を、変化のある八角形にしたところが洒落ています。
お皿は平らでありながら、縁をわずかに立ち上げており
ブリ照りや鯖の味噌煮など、ちょっとした煮付けにも
使いやすい形状にしている所もポイントです。

ほたる窯

渕鉄楕円皿

「焼き魚のお皿さがしています」
「塩鮭に合うお皿はあります?」
九段のお店でお客様に聞かれたら、迷わずおすすめしたいのが渕鉄楕円皿です。

使い始めるといつの間にか普段の暮らしの中にとけ込んでしまううつわ。 「あのお皿、とってもよかった」そんな嬉しい声も多く伺います。 歴代の花田スタッフのほとんどが愛用しているうつわです。

ほたる窯

ゴス鉄麦長角皿(小)

いつも味付けの玉子焼き、自家製の浅漬けや糠漬け
香ばしい焼き海苔など・・・
いつものおかずがしっくり馴染むうつわです。

あきのこないシンプルなストライプと染付と鉄絵の色合い
ホッとするような落ち着いた雰囲気は、
食卓に安心感をもたらします。

ほたる窯

木瓜小皿

小皿は遊び心のある形を愉しみたいもの。
変形ながら重なりの良い、木瓜小皿シリーズは2枚3枚と
揃えたくなるうつわです。

マグカップにコーヒーを煎れて
お気に入りのクッキーとティータイム。
そんなシーンに役立つ小皿です。





暮らしのうつわ、定番王

新作は数年に一度。
しかし、一度世に送り出せば99%定番化。
数十年に渡って作られ、選ばれ、使われているものも、一つや二つではありません。
暮らしのうつわを知り尽くした男の仕事を是非。

ほたる窯
ほたる窯

ほたる窯 ―ほたるがま― (石川県能美市)
【うつわのジャンル】 色絵・染付・白磁
【心がけていること】 普段使いであきない器
【好きな焼き物】 李朝白磁、初期伊万里
【主な陶暦】 愛知県瀬戸訓練校
 九谷青窯

表示切替: 並び順: 在庫:
13件中1件~13件を表示
13件中1件~13件を表示

作者から選ぶ

色や絵付で選ぶ

色や絵付けで選ぶ

  • 九段のお店アクセスはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 店休日

ページトップへ