お問い合わせ 平日10:30-19:00
TEL:03-3262-0669
メールでのお問い合わせはこちらから

  • 土鍋展 土鍋展は18日(土)まで開催中。大覚寺窯より鮮やかな色合いが目を引く一点物の土鍋が追加で届きました。
 

正木春蔵

正木春蔵

正木春蔵

圧倒的な存在感で、見る人使う人を魅了する
正木春蔵さんの世界。
深い見識から紡ぎ出される形や文様。
そこに豊かな情緒が吹き込まれ
生き生きとしたうつわが形となって現れます。
ひとつひとつ、じっくりと付き合いたい
珠玉のうつわをどうぞごゆっくりご覧下さい。


正木春蔵

染附貝文四方小皿

染付の粋な貝文が描かれた四方小皿。
ちょっと贅沢な日常をたのしみたくなるうつわです。
銘々に漬物や佃煮を盛ってもいいし
3客ならべてしゃぶしゃぶや湯豆腐の薬味を盛るのも素敵です。
程よい深みが使い方を広げてくれます。


正木春蔵

食べ頃の糠漬けで、さらっといただくお茶漬け。
何も特別なことの無い慎ましやかな食卓も
正木さんのうつわに盛り付ければ
清々しい満足感に包まれます。


正木春蔵

染附 小鳥文豆皿

ほんのひと口が満たされる、正木さんの豆皿。
お茶請けに柔らかく煮上がった黒豆はいかがでしょう。
和三盆、チョコレート、ギモーヴ・・・
とっておきの美味しさが次々に浮かびますね。


正木春蔵

色絵魚文端反筒

鮮やかな赤絵を使った自在な表現。
時に楽しくユーモラスな絵付の登場に
胸が躍り、思わず手に取って触れてみたくなります。
ふくよかな丸みを帯びた筒碗は
持ちやすく掌にしっくり馴染みます。
のんびり回遊する魚と表情に目が合うと
思わず笑みがこぼれてしまいます。


正木春蔵

染附 島嶼文蕎麦猪口

島嶼(とうしょ)とは、大小さまざまな島のこと。
大きく描いた柳の木の向こうに浮かぶ島影が
穏やかな海の情景までも想像させてくれます。
小さな蕎麦猪口に描かれた、広い想像の世界・・・
掌で愛でる暫しのひと時を、どうぞ。


正木春蔵

呉須赤絵鉢

春は若竹煮、夏は夏野菜の揚げ浸し。
これから旬を迎える水茄子を盛り付けてもいいですね。
縁にぐるり巻いた赤絵の線。
それをを飛び越えた描いた牡丹や鳥は生命力にあふれ
うつわに迫力が漲っています。







華麗で洒脱なうつわは多くの人を惹き付けてやみません。

江戸初期古九谷が、正木春蔵氏の巧みな技術によって現代のうつわへと蘇ります。 凛とした奥ゆかしさとともに、時には遊び心を忘れない、正木氏のユーモア溢れる文様。
ワンランクアップの日常使いのうつわをお愉しみください。

正木春蔵

正木 春蔵 ―まさき しゅんぞう― (石川県加賀市)
【うつわのジャンル】 色絵・染付
【心がけていること】 温故知新
【好きな焼き物】九谷、古唐津、李朝、乾山 など
【主な陶暦】 菁華窯

正木春蔵
表示切替: 並び順: 在庫:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

作者から選ぶ

色や絵付で選ぶ

色や絵付けで選ぶ

  • 九段のお店アクセスはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 店休日

ページトップへ