お問い合わせ 平日10:30-19:00
TEL:03-3262-0669
メールでのお問い合わせはこちらから

  • 薫風のお茶時間 新緑につつまれた穏やかな季節。お気に入りのカップと飲み物で、くつろぎのティータイムをたのしみましょう。
 

普段使いからおもてなしまで。手にして使う身近なものだからこそ、納得のいくものを。




そろそろ、漆。


漆の作者は、皆さん仰います。
「少しでも多くの皆さんに、汁椀を使ってもらいたい。」と。

漆の汁椀

汁椀は、和食の基本ごはんとお味噌汁に欠かせないうつわであるとともに
頂くたびに、手に持ち、口に触れるという、特徴を持っています。

お味噌汁を両手に持ち、静かに口を当て
ひと口啜った時の、あのホッとする感覚・・・
きっと誰もが経験されているのではないでしょうか。

だからこそ、本物の漆器を日常に使い、その良さを実感してもらいたい。
作家の皆さんは、そのように願うのかもしれません。

漆の汁椀
漆の汁椀

汁椀はその名の通り木へんのわん、木で出来ています。
1本の木から1客のお椀の形になるまで、長い年月をかけて削りと乾燥をくりかえすところから始まり
しっかりとした木地をつくり、そして木地師の1mmとも誤差の無い正確な木取りに進みます。

漆の汁椀

外から窺い知ることは出来ませんが、木地の堅牢さを作るのは
木地固め、下塗り、中塗り、何人もの手作業を経た誠実な仕事です。
丈夫な木地があることで、汁椀は長持ちします。
そして最後はチリひとつない、部屋で仕上げられる上塗りへと進み完成します。

漆の汁椀

掌にふわっと柔らかく馴染む驚き、
口に触れるやさしい感触、
葱と豆腐のお味噌汁って、こんなに美味しかったんだ!と素直に感じます。

澄んだ一番出汁をとるコツを覚えたり、
時には乾物屋さんを覗くのもいいものです。
汁椀ひとつで食の豊かさが広がっていくたのしみ・・・。

そろそろ、漆。
本漆の汁椀を使ってみませんか?

表示切替: 並び順:
20件中1件~20件を表示
20件中1件~20件を表示

  • 九段のお店アクセスはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 店休日

ページトップへ