2017年8月9日更新

クリックはこちらから

暮らしのうつわ花田です。
花田では初めてとなる、岡田直人さんの個展がはじまりました。
独立以来、白一筋。
時間をかけ、自らの世界を築き上げてきました。

洗練の中にもあたたかみを持つ岡田さんの白は
和洋を問わず料理が映えます。

岡田さんのうつわを使い始めると
料理の盛り付けが楽しくなったり
新しいレシピや食材に挑戦したくなり
暮らしの中に、ささやかな喜びを持つことが出来ます。

改めて白のうつわを選び
新しい毎日をはじめてみませんか?

SHOP EVENT 東京九段のお店のイベント

クリックはこちらから

岡田直人 展
花田では初めてとなる、岡田直人さんの個展。
独立以来、白一筋。
時間をかけ、自らの世界を築き上げてきました。

現時点での岡田さんの集大成ともいえるラインアップをお楽しみ下さい。

企画展名:岡田直人 展
開催期間:2017年8月9日(水)〜8月19日(土)午前10時30分〜午後7時
※会期中無休

《写真》左から、
ボウル(D)/径13×高さ8cm、ふたもの/径9.5×高さ6cm、リンカプレート(白)/径21×高さ2.5cm、楕円片(小)/長9×短7.5×高さ5.5cm、ゴブレット(L)/口径8.5×高さ井8.5cm

企画展のうつわはオンラインショップでも多数ご紹介予定です。

九段店舗で開催中の展覧会
オンラインショップのページのご案内

「岡田直人 展」オンラインショップでは、
下記4つのカテゴリに分けて
種類別にうつわをご覧いただけるようにしております。
是非うつわ選びにお役立て下さい。


※花田オンラインショップのうつわは、九段店舗にて同時に展示販売しております。
お買い物のタイミングにより、商品のご用意が出来ない場合がございますことを何卒ご了承お願い致します。


クリックはこちらから

岡田直人インタビュー「私の6点」
岡田直人さんが選んだ6点について、具体的に掘り下げて作者が本人が語ります。
「そういうところにこだわっているんだ!」とわかると
選んだうつわをに愛着がわきそうです。
普段はなかなか聞けないお話、是非ご一読下さい。

クリックはこちらから

リム深皿
初めて岡田さんのうつわを選ぶなら
やはりおすすめはリム深皿のシリーズです。

くるんと丸みを帯びた白い深皿に
スープ、パスタ、カレー、シリアル
作りなれた定番のメニューが新鮮に映ります。
毎日の料理や食事がたのしくなる・・・
そんな嬉しさを実感できるうつわです。

クリックはこちらから

リム皿(L)
季節には食べ尽くしたくなる無花果
ブルーチーズとルッコラでざっくり和えたサラダ。

出番の多いサラダは、ボウルに盛りつけたりお皿に盛りつけたり
その日の食材や気分で使い分けるのが楽しいものです。
岡田さんの広いリムのプレートにサラダを盛り付ければ
まるでメインの様相となります。

クリックはこちらから

八角皿シリーズ
「なめらかな」と表現したくなる
八角皿の縁から見込みにかけてのなだらかな深み。

ブルーベリータルトは、クリームをはみ出さず
きれいな断面に切り分けて。
食べごろの桃は、均一にカットして並べたい。
きれいなうつわは、いつもより少し丁寧に・・・
そんな気持ちのゆとりを運んでくれます。

クリックはこちらから

オーバル皿(L)
今日は焼きたてがごちそう!
焼くだけ、茹でるだけ、蒸すだけ、切るだけ。
時にはそんな日があるのも、暮らしの中では当然のコト。
シンプルな食卓もいつものように楽しみたい
岡田さんのうつわにはそんな魅力があります。

ピックアップ

クリックはこちらから

漆のトング
夏はサラダの出番の多い季節です。
木製漆のトングは、繊細なレタスやルッコラをやさしく取り分け出来ます。
金属のトングと違い、うつわに当たる音もストレスになりません。
ひとつ持っていると便利なアイテムです。

クリックはこちらから

白磁にあわせたいガラス
岡田さんの白に中山孝志さんの飴色のガラスを合わせてみませんか?
お互いが引き立ちあう組み合わせです。
和洋を問わずさまざまな料理を、是非おたのしみ下さい。

Online Shop

トップページはこちらからどうぞ

暮らしのうつわ花田トップページ

次回更新のお知らせ

次回の更新は8月18日(金)です。
どうぞお楽しみに。