2017年4月26日更新

クリックはこちらから

暮らしのうつわ 花田です。

只今開催中の「チェ ジェホ」展で
白磁の壷に山吹が活けられました。
明るい黄色の花と伸び伸びとした緑の葉が、大きな白磁に映えて
階段の途中のこの一角は、春を謳歌しているような雰囲気が漂っています。

ピックアップ

クリックはこちらから

薫風のお茶時間
外の空気に触れながら、カフェのオープンテラスで寛ぐのが
気持ちの良い季節になりました。
片や、食器棚からお気に入りのうつわを選び
家でのんびりとお茶をたのしむひと時もいとおしいものです。
新茶やファーストフラッシュも出回りはじまるこの季節、
ほっとひと息できるお茶時間を見直してみませんか?

クリックはこちらから

マグカップのたのしみ
気軽なお茶時間には、マグカップがおすすめです。
日本茶、中国茶、ハーブティー、コーヒー、紅茶と
多様に使えるのがマグカップのいいところ。
いくつかのカップを、その日の気分で使い分けると一層楽しくなります。

クリックはこちらから

ポットいろいろ
お茶を選ばず、多様に使えるポットは人気のアイテムです。
ちょっと存在感のある、お茶時間の相棒を見つけてみませんか?
お手持ちののカップやトレイにあわせて、お選び下さい。

クリックはこちらから

シンプルな汲出
スゥーッと走る青の線。
シンプルでさわやかな汲出は、花田の定番では欠かせない
ほたる窯のうつわです。
日本茶の澄んだ薄いグリーンが映えそうですね。

クリックはこちらから

蝶々の湯呑
可憐に蝶々が舞う、軽やかな雰囲気と小振りなサイズが魅力。
新茶の季節に活躍しそうな、可愛らしい小筒です。
日本茶以外にも、中国茶や紹興酒などにも良さそうですね。
ふわりと描く藤塚さんの染付、是非身近でたのしんでください。

クリックはこちらから

トレイあれば憂いなし
大小さまざまなトレイは、ティータイムでも活躍します。
マグカップと小皿にクッキーを添えた、ちょっとしたひと息には小さなトレイを。
ベーグルやサンドイッチとカフェオレ、朝食やランチには大きめのトレイが活躍。
持ち運びが1回で済み、PCデスクや仕事の机でも気軽にブレイク出来るのが嬉しいところです。
あると便利なトレイの存在、見直す価値大です。

クリックはこちらから

ジェホさんの片口
お酒はもちろん、湯冷ましや
ドレッシング、お出汁、タレなど幅広く活躍する片口。
フワッと開いたような縁のわずかな反りが、何ともきれいな形です。
ジェホさんの白は何と合わせても相性が良さそうです。
時にはテーブルフラワーとして、お花を活けてもたのしめそうです。

クリックはこちらから

白磁のおちょこ
ひとつは持ちたい、白磁の盃。
高台がキュッと絞られた形に、面取の陰影が印象的に映ります。
日本酒も良いですが、薫り高い中国茶にも良さそう。
とってきのお菓子とともに、たのしいお茶のひと時が過ごせそうです。

クリックはこちらから

白磁にあわせたいガラスのうつわ
中山孝志さんのとろけるような質感の美しいガラス。
ジェホさんの片口と盃でお酒をたのしみながら
ガラスの蓋もので料理を味わう。
白磁ガラスとの相性は抜群ですね。

―予告―

SHOP EVENT 東京九段のお店のイベント

クリックはこちらから

阿部春弥×稲村真耶 二人展
花田ではお馴染みの阿部春弥さん。
繊細で華やかな陽刻に動きある刻文も加わり、世界観に奥行が増してきました。

花田に登場以来、支持者が増え続ける稲村真耶さん。
染付や白磁に加え、陰刻の仕事も幅が広がってきました。

渾身の力作群にご期待ください。

企画展名:阿部春弥×稲村真耶 二人展
開催期間:2017年5月3日(水・祝)〜5月13日(土)午前10時30分〜午後7時
※会期中無休 GW 5月3、4、5、7、の祝日と日曜は通常通りの営業です。

《写真》
左側 阿部春弥:上段手前から、白磁オーバルディッシュ(L)・黄磁オーバルディッシュ(L)・ルリオーバルディッシュ(L)/長30×短13×高さ5cm、下段左から、白磁刻花雫(大)・黄磁刻花雫(大)・淡ルリ磁刻花雫(大)/長16×短11×高さ3cm
右側 稲村真耶:上から、湖水釉陰刻菊文5寸鉢/径15×高さ5cm、鳥と桔梗文輪花楕円皿/長20×短12×高さ3cm、花と鳥文舟形皿/長18×短10×高さ4cm、鳥文輪花楕円皿/長20×短12×高さ3cm、白磁陰刻菊文5寸鉢/径15×高さ5cm

企画展のうつわはオンラインショップでも多数ご紹介予定です。

作者の阿部春弥さんの稲村真耶さんは、初日の5月3日(水)在廊予定です。
作者との会話も是非おたのしみ下さい。


阿部春弥さんの自然体なスタンスが、穏やかなうつわと重なるようなインタビューです。

2015年に稲村真耶さんの工房を訪ねた時のインタビューです。是非ご一読下さい。

Online Shop

トップページはこちらからどうぞ

暮らしのうつわ花田トップページ

九段のお店

ご来店いただいたことがあるお客様は、ご存知かもしれないのですが
2階ギャラリー奥の壁に、ステンドグラスが飾られています。
(時々障子に模様替えすることもあるのですが・・・)
イギリスの古いものだそうです。

ステンドグラスのある場所は靖国通りに面しており
2重にしてはめたガラスから、やわらかな光が差し込みます。
特に午前中の光がきれいで、本当はお店の照明がなければもっときれいです。
(お店の営業時間にそのようなことは言っていられませんね・・・)
この時期は道路をはさんだ靖国神社の若葉がやわらかく映りこみ
美しいグラデーションを見せてくれます。

午前中この光を見ながら、つい想像がふくらみます。
このステンドグラスの下にコーヒーテーブルを置いて
朝のコーヒーやお茶をいただいたら美味しいだろうな・・・と。
やはりこの時期は、煎茶の清々しい香りが良いでしょうか?
そんな朝茶ができたら、きっといい朝になるんだけどなぁ。

次回更新のお知らせ

次回の更新は5月3日(水)です。
どうぞお楽しみに。