instagramインスタグラム facebook フェイスブック twitter ツイッター YouTube メルマガ登録

花田オンラインショップ更新のお知らせ

※九段店舗は現在臨時休業中です
2021年11月24日更新

クリックはこちらから

暮らしのうつわ 花田です。

カラフルなガラスの煌めきに心躍る
生島明水さんと三留舞さんのガラスの世界。

同じムリー二の技法でも、色使いや見せ方に違いがあり
二人の個性は、ダリアとユリのように、
それぞれに違う魅力を持つ、華やかな大輪の花を思わせます。

一見するとカラフルな色使いが目に飛び込んで来るものの、
よく目を近づけてみると色の向こうには
繊細な色の重なりや、小さく美しい形が存在する
不思議なガラスの世界が広がります。

これからクリスマスに向けて、こころ軽やかに華やぐ気分を
生島さんと三留さんのガラスが盛り上げてくれそうです。

ピックアップ

クリックはこちらから

ほがらかな漆絵
岩舘隆さんの塗りに描くのは、30年以上前岩舘さんに塗の手ほどきをした高橋勇介さん。
今も師弟関係が続くお二人を繋ぐのは6寸皿。
プレーンな形状のプレートにのびのびと広がる漆絵は、
どれも下書きなしで描かれています。
今年は桃や銀杏など、新しいモチーフが届きました。
ほがらかで温かみを感じる高橋さんの漆絵、
お正月に飾って楽しむのも素敵ですね。

クリックはこちらから

染付木々シリーズ
8寸、5寸、4寸
3種あわせてコーディネートしたくなる3種類のうつわです。
8寸はメインに、5寸はパン皿に、4寸はソースフルーツに…
お皿を並べると、リズム良く描かれた木々の葉がテーブルに広がり
楽しい気分が訪れそうです。

クリックはこちらから

染付の飯碗
吉岡将弐さんから届いた飯碗3種。
緻密な染付ながら、春風駘蕩とした
清々しい爽やかさが、ふと印象に残ります。

新作の割取樹木文は、他よりやや大きめのサイズ。
イクラ丼、穴子丼、親子丼…
どんぶりでいただく程ではないけど、いつもの飯碗では小さい…
ごはんが主役の日におすすめの飯碗です。

クリックはこちらから

尺一角布貼敷膳
食卓がコンパクトに整う正角の折敷が再入荷しました。
暮らしの様々なシーンで活躍するサイズの折敷です。
飯碗、汁椀、盛皿で朝食に、
パン皿とマグカップでランチに、
向付とグラスで晩酌に…
是非普段使いでおたのしみください。

―予告―

SHOP EVENT 花田の展示会

クリックはこちらから

廣野俊彦 展

美術商としても数多くの骨董と付き合い、古陶磁の魅力を知り尽くす廣野俊彦さんの花田初個展です。
材料、製法、装飾、素地つくり…それぞれの要素を高いレベルで再構築し、
具現化した廣野さんのうつわ世界をぜひご覧ください。


予約販売期間:2021年12月1日(水)〜12月20日(月)まで
入荷時期:2022年3月頃

※当展示会は予約販売となっております。詳しくはご予約品についてをご覧ください。
入荷時期は制作状況によって前後する可能性もございます。
予約購入を行う際、通常商品と予約品で可能な決済方法が異なります。
詳しくは下記をご覧くださいませ。


予約品について

  • 決済方法:クレジットカード決済・コンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済
    ※詳しくはお支払いページにてご確認ください。
    ※ご来店時もWEBサイトからの予約購入をお願いしております。


  • 同梱について:予約期間内に複数の予約注文を頂く場合、同梱が可能
    ※通常商品と予約品の同梱はできません。予めご了承ください。
    詳しくは予約品の同梱についてをご覧ください。

  • 店舗営業日:12/2(木)、12/3(金)、12/5(日)
    12:00〜17:00

    商品をお手に取ってご覧いただけるよう店舗でも展示しております。
    ※来店予約なしでご入場いただけます。
    混雑している場合、入場を制限させていただく可能性がございます。
    店内ではアルコール消毒を設置し、ご来店時はマスク着用をお願いしております。

クリックはこちらから

花田の「コレ」
目立たないかもしれないが、確かなうつわ
多くの食卓を美味しく、楽しく彩ってきたうつわを
そしてこれからも多くの皆様にご愛用いただきたい…
そんな願いを込めて、花田の「コレ」として
大切に選んだうつわをご紹介しております。

クリックはこちらから

ギフトについて
暮らしのうつわ 花田では、取り扱う商品のすべてをギフト用に包装することが出来ます。
さまざまな贈りものにどうぞご利用下さい。

承りましたギフトには、ご進物カードを添えて
心を込めてお包みしております。

クリックはこちらから

うつわを長くお使いいただくために
手作りのうつわは、長くお使いいただくために、少し気をつけることがいくつかあります。
それらは手作りならではの特性をケアするもので、難しいことではありません。
ちょっとした気遣いで、うつわは長持ちします。
どうぞ末長く、気持ちよくお使い下さい。

次回更新のお知らせ

次回の更新は12月1日(水)です。
廣野俊彦展について、詳しくはこちらからご確認をお願い致します。

instagramインスタグラム facebook フェイスブック twitter ツイッター YouTube メルマガ登録