花田オンラインショップ更新のお知らせ

2018年12月11日更新

クリックはこちらから

暮らしのうつわ花田です。

花田は今年最後の展覧会、CLIMAX SEASON展が始まりました。
ギャラリーは、クライマックスシーズンの名に相応しい
華やかなうつわの数々が並びました。

年末年始の賑やかな食卓を想像しながらのうつわ選びは、
師走の慌しさの中にも、何とも楽しい時間となります。

久し振りに色絵が多く揃った花田、どうぞお見逃しなくご覧ください。

SHOP EVENT 東京九段のお店のイベント

クリックはこちらから

CLIMAX SEASON展
平成に別れを告げ新年号を迎える、記念すべき今年のクライマックスシーズン。
あちらこちらで宴の花が咲きます。
宴の引き立て役は『花田』のうつわ。
色絵の正木春蔵、吹きガラスの中山孝志を始め、
選りすぐり10人が手掛けた渾身の自信作、ぜひお運び下さい。

企画展名:CLIMAX SEASON展
開催期間:2018年12月11日(火)〜12月30日(日)午前10時30分〜午後7時
※会期中無休


大切なお知らせ


―オンラインショップをご覧いただくお客様へ―
企画展のうつわはオンラインショップでもご紹介する予定です。
より多くのお客様に、展覧会のうつわをご覧いただけるよう努めておりますが
九段店舗と在庫を共有しているため、早い時間に売切れ品が出る場合がございます。
また、ご注文いただいた場合も店舗販売とのタイミングによりお品物がご用意出来ない場合があり、
ご注文より2日以内にお送りする確定メールにてご案内いたします。


九段店舗で開催中の展覧会
オンラインショップのページのご案内

CLIMAX SEASON展のページは、5つのカテゴリに分けて ご紹介しております。
うつわ選びにどうぞお役立て下さい。


展覧会ページのご案内

クリックはこちらから

【CLIMAX SEASON展】大皿・中皿のページ
ひとつとつが存在感を放つ、一点ものが多く揃いました。
山本恭代さんは蝶、花、鳥が生き生きと描かれた、華やかな色絵。
西納三枝さんは西洋風のトレーの他、古典的な花果文など
魅力的な染付が目を引きます。

クリックはこちらから

【CLIMAX SEASON展】小皿・豆皿のページ
色とりどりの小さなうつわは
バラバラと並べてだけでも楽しい雰囲気。
色絵、漆、変形…
統一感を気にせず、気に入ったものを選ぶ
気軽な遊び心が魅力です。

クリックはこちらから

【CLIMAX SEASON展】鉢・丼・飯碗のページ
ゆったりとした楕円鉢は、普段から活躍するうつわです。
西納三枝さんの楕円鉢は、それぞれ絵付が異なる一点もの。

使い勝手の良い小どんぶりは9種類。
鴨南蛮蕎麦や、せり蕎麦、揚げ餅おろし…
洒落た絵付けのどんぶりは、年越し蕎麦にもおすすめです。

クリックはこちらから

【CLIMAX SEASON展】重箱・茶器のページ
今様の感覚で新しい重箱使いをはじめませんか?
クリスマスから使いたくなる、素敵な重箱が届きました。
重田良古さんの洒落た色使いと軽やかな絵付けのタッチが光ります。

お正月のおせち料理はもちろん
軽やかな絵付けはミートローフやチキンロール等にも合います。
カットフルーツを詰めて、冷蔵庫にうつわごと冷やせば
素敵なデザートが出来上がります。

普段はクッキーやチョコレートを入れて楽しむのもいいですね。
一段ずつ銘々に、ちらし寿司やあなご重をいただくのも素敵です。
家族や友人と食卓を囲むホームパーティー…
さまざまに活躍する重箱です。

クリックはこちらから

【CLIMAX SEASON展】グラス・酒器のページ
みんなが集まるハレの日に使いたい徳利。
お酒が一層美味しくなるぐい呑は、
お正月らしい華やかな色絵と、人気の祥瑞が届きました。
冬、温かな部屋で部屋で使うガラスもお見逃しなくどうぞ。

ピックアップ

クリックはこちらから

八木橋昇さんのとんすい
土鍋料理に合わせたい取り鉢。
一番人気の八木橋さんのとんすいが届きました。

寄せ鍋、湯豆腐…使いやすいサイズと
黒と白の色味を抑えたシンプルさがポイントです。

クリックはこちらから

−花田の干支2019−
明年は亥年です。猪突猛進、元気いっぱいのイノシシは、
古くから無病息災や子孫繁栄のシンボルとされてきました。

愛らしいイノシシの陶人形やうつわが揃った花田の干支は
現在ご予約承り中です。
数に達し次第終了となりますので、お早めにご検討ください。

近年の人気アイテム箸置は、阿部春弥さんから6種類、
そして今年は稲村真耶さんから新作プレート
充実の「亥年」アイテムが揃い、ご予約が開始となりました。

※それぞれ製作予定数に達し次第、販売は終了となりますので
どうぞお見逃しなくご覧ください。

クリックはこちらから

山中塗の雑煮椀
おおらかな丸みを帯びた雑煮椀の形。
新年に相応しい、福々しさを感じる蓋付椀です。
この椀は石川県で30年近くにわたって作り続けてきた山中塗で
花田でも毎年お正月にご紹介してきた確かな雑煮椀
今年もご紹介の時期となりました。

材質はミズメ桜。桜といっても実際はカバノキ科カバノキ属の落葉広葉樹で
硬い木質とキメ細やかな木肌が特徴の汁椀に適した材です。
汁椀は「手に持って使う」「洗って拭く」を繰り返すことで
塗膜は艶を増して硬化し、堅牢に育っていきます。
春はちらし寿司や蛤のお吸い物、夏は穴子丼、秋は鱧松茸など…
せっかくの蓋付椀、1年に1回だけの登場とせず幅広く活躍させてみてはいかがでしょう。

お知らせ

クリックはこちらから

月数回不定期で、楽しい情報をお届けします。
公式LINE@はじめました。
「花田のコレ」を中心に、LINE限定のご案内をいたします。
友だち登録お待ちしております!

※ご注意ください
公式アカウントのため、電話番号で友だち登録は出来ません。
上記バナーをクリックし、リンク先のQRコードよりご登録をお願いいたします。

Online Shop

トップページはこちらからどうぞ

暮らしのうつわ花田トップページ

次回更新のお知らせ

次回の更新は12月19日(水)です。
どうぞお楽しみに。