instagramインスタグラム facebook フェイスブック twitter ツイッター YouTube メルマガ登録

花田オンラインショップ更新のお知らせ

2022年9月21日更新

クリックはこちらから

暮らしのうつわ 花田です。

木のチカラ展が公開となりました。
商品の販売開始は、9月22日(木)20:00の予定です。

今回より新たなご紹介となったiiDA Woodturning
飯田慎一さん、飯田康恵さんが手掛けるのは
生木をそのまま旋盤加工し、乾燥による収縮と変形を生かした造形です。
躍動感ある木目は、伊豆高原のさまざまな樹木から
建材に不向きではあるものの、個性ある表情を選んだもの。
これまでのご紹介とは違った「木」へのアプローチ
木の持つ力強さがダイナミックな世界観で表現されます。

飯田康恵さんのお椀シリーズは「使えううつわ」
生木ならではの薄挽きに、灰焙煎で発色させるなど
木の特質を生かした豊かな表情を、ウレタン塗装で仕上げています。
秋が深まり出したら、温かなスープがごちそう
今年は木のうつわでほっこり元気をチャージしたい…
そんな想像が楽しくなります。

今年で6年目を迎えた『木のチカラ展』出展作者は12名
iiDA Woodturning、遠藤マサヒロ、大久保公太郎、
岡野達也、枯白 乾喬彰、佐藤佳成、土井宏友、
富山孝一、平岡正弘、平林秀幸、ふじい製作所、森下綾
総アイテム450点を超える作品が届きました。
秋の夜長に「木のチカラ」どうぞごゆっくりご覧ください。


※岡野達也さんのワンハンドルトレー、ソーイングボックス、
枯白 乾喬彰さんのドリップスタンドは
それぞれお1人様(1世帯)1点のご購入とさせていただきます。
複数回にわたる場合も、2点以上お買い求めいただくことは出来ません。
2点以上ご購入された場合や、同一のご住所又はご家族のお名前等で2点以上ご購入された場合は
自動キャンセルとなりますので予めご了承ください。


※メルマガの最後「大切なお知らせ」にて、お支払いについてのご案内があります。
ご確認の程お願いいたします。

SHOP EVENT 花田の展示会

クリックはこちらから

木のチカラ展

挽き物(ひきもの)、指物(さしもの)、刳り物(くりもの)等、モノづくりの引き出しが豊富な木工の世界。
日々鍛錬を重ねる技術と、アイデアとユーモアで独自の作風を作り上げます。


開催期間:2022年9月21日(水)〜9月26日(月)
※当展示会はWEBサイトと店舗で販売前プレビューを予定しております。
開催中、期間限定で店舗での販売も予定しております。
状況によっては直前での変更の可能性もあります。
当告知ページやSNS等でお知らせいたしますのでご確認ください。



  • オンライン商品の公開:9/21(水)夕方以降
  • オンライン販売:9/22(木)20:00 〜

  • 店舗プレビュー: 9/22(木)
    うつわを手に取り、ゆっくりお楽しみいただける時間です。
    詳しくは九段店舗プレビューご案内をご確認ください。

  • 展示販売:9/23(金)〜 9/25(日)
    店舗営業時間:12:00〜17:00
    ※店舗プレビュー・販売共に予約なしでご入場いただけます。
    ※混雑している場合、入場を制限させていただく可能性がございます。
    ※店内ではアルコール消毒を設置し、ご来店時はマスク着用をお願いしております。


▼平林秀幸さんインタビュー▼


花田の展示会
オンラインショップのページのご案内

この企画は5つのカテゴリーに分けてご紹介しております。
うつわ選びにどうぞお役立て下さい。

ボード・盆
プレート・皿
鉢・椀・カップ
ドリップスタンド・他
この企画の全商品

大切なお知らせ

お買い物に関するお願い
【うつわについて】

  • 手作りの特性上、うつわの色合いはそれぞれ異なります。
    商品ページに並んだ画像をご用意しておりますので個体差をご確認下さい。
  • 売り切れ商品の追作はお受けできませんのでご了承ください。

【お買い物について】

  • 更新後はアクセスが集中すると考えられます。
    早々に売切れる可能性もございますので予めご了承下さい。
  • カート内の保持時間は40分です。(時間を過ぎると商品はカートから外れます)
  • 弊店オンラインショップは、カートに入れた段階で在庫が引き落とされます。
  • 店舗受け取りサービスをご利用される方は「店舗受け取り申込」をカートに入れてご注文ください。送料0円にてご利用いただけます。
  • 初回ご注文より24時間以内は同梱が可能です。※詳しくはこちらから
  • 後払いのご決済で同梱をご希望される場合、1注文ごとに手数料が発生しますのでご注意ください。
  • ご注文確定メールは同梱対応の為ご注文時より3〜4日後の送信となります。予めご了承ください。
  • 自動配信メール、確定メールが届かない場合はメールアドレスの誤入力か、お客様側の受信設定による可能性がございます。その場合弊店ではご対応出来かねますのでご了承ください。

【お願い】

  • 転売は固くお断りしております。
  • 転売と思われるご注文と判断した場合は、ご注文をキャンセルさせていただく場合がございますので予めご了承ください。

企画展のおすすめ

クリックはこちらから

カッティングボード・盆
切る、盛る、運ぶ…
道具とうつわを兼用できる守備範囲の広さが木工の楽しさ。

カッティングボードは、気取らない雰囲気を演出してくれるアイテムです。
ピザやキッシュ、ローストビーフは、テーブルで切り分けて
バゲットとチーズの盛り合わせに、ワインを合わせるだけでも素敵な雰囲気に。

大小、形もさまざまな盆は、自由な使い方のアイデアが
食卓に新鮮なしつらいの形を作ります。
お盆やトレイにいつものおむすびと漬物等でお昼ごはんを。
窓を開けてカラリとした秋の空気を感じながら…
それだけでリラックスと気分転換。
ちょっとしたピクニック気分を楽しめそうです。

枯白 乾喬彰さんのカッティングボードは
丸、楕円、木の形を生かした長角が届きました。
富山孝一さんのsoban、ハツリシリーズは
形もサイズも、個性豊かな表情が魅力的です。
岡野達也さんから届いたワンハンドルトレーは
チェリーの赤みがかった明るいブラウンが、食卓に素敵なアクセントを運びます。
ふじい製作所の切立盆は立ち上がりの高さもさまざま
通い盆としてはもちろん、盛り皿として大らかに盛り付けるのも楽しそうです。
胡桃とレーズンのパン、マグにカフェオレを淹れて、コンパクトな朝食にもいかがでしょう。
ソルト&ペッパーや薬味類のまとめ置きにもお洒落な風景となりそうです。

クリックはこちらから

プレート・皿
大小、形もさまざまに120種類以上ものご紹介となった木のプレートと皿。
盛り付けの雰囲気が一変する木の温かさは
テーブルの上で、改めてその良さを実感します。

人気はやはりパン皿。
トーストのこんがり焼けたきつね色と
ふわっと漂う香ばしさ、そして焼きたてならではの温度
木目の風合いと自然に調和し、
朝の風景に木のぬくもりが心地よく感じられそうです。

森下綾さんは杉材を使用した寄木の技法が特徴的。
ひとマスずつ異なる木目が集合した文様は
洗練されたモダンな世界を作り出します。
隅切りのプレートには、和菓子や洋菓子にはちろん
生ハムやテリーヌなど前菜や、手まり寿司にも合いそう。
和洋を問わず、盛り付けの発想が広がります。

岡野達也さんの人気のプレートは縁に施された鎬や輪花が華やか
見込みには程良い深みが付けられ、使いやすさも秀逸。
ひとつひとつに手を掛けた丹念なノミ目が誠実な仕事を映し出しています。

佐藤佳成さんのプレートは、洋陶器のようなすっきりしたラインが目に入ります。
ローストチキンは季節野菜のサラダなど
ゆったりとした優雅な木目に料理が映えそうです。

iiDA Woodturningは生木のまま旋盤加工するのが最大の特徴です。
こちらのページでご紹介するプレートは飯田慎一さんの作品
乾燥による収縮と変形を生かした「愛でるうつわ」です。
木の皮や朽ち始めた木の表情をそのまま使用し、オイルで仕上げています。
インテリアとして木の生きざまや造形をお楽しみ下さい。

クリックはこちらから

鉢・椀・カップ
迫力ある佇まいの大きな鉢。
「鉢・椀・カップ」のカテゴリでは
花田初登場、iiDA Woodturningの作品74種類をご紹介します。
躍動感ある木目は、伊豆高原のさまざまな樹木から
建材に不向きではあるものの、個性ある表情を選んだもの。
うねる様な力強い造形は、生木のまま旋盤加工することにより
乾燥による収縮と変形から生まれます。

iiDA Woodturningの大きな作品は、主に飯田慎一さんが手掛けたもので
木の皮や朽ち始めた木の表情をそのまま使用し、
オイルで仕上げた「愛でるうつわ」です。
プレートやボウルは、料理の盛り付けでは無く
木目や木の風合いを楽しむインテリアとして、存在感をお楽しみ下さい。

iiDA Woodturningのお椀シリーズは、主に飯田康恵さんが手掛けたもの。
生木の旋盤加工ならではの、個性ある形状をウレタンで仕上げ
「使ううつわ」として制作されています。
慣れ親しんだ豚汁もレボリューション!
ハイジのシチューに焼きたてのパン…
美味しい気分がグングン上がります。

佐藤佳成さんのシックな色合いは、栗の渋皮を使用し
木のタンニンの成分に変化させ発色させたもの。
透明感ある独特の風合いに、スーッと品あるラインが目を引きます。

クリックはこちらから

ドリップスタンド・蓋物・他
今年の『木のチカラ展』はうつわ以外の小物が充実
160種類ものアイテムが揃いました。
木目を生かしながら、自由な発想が形になる小物づくり。
挽く、刳り抜く、組み合わせるなど様々な加工技法で
素材の見せどころや面白さを、存分に発揮できるのが木工の特徴です。

作り手の楽しそうな自由演技が伝わる小物類は
異素材と組み合わせたコーヒードリップスタンド、
蓋物、小さな棚、花器、オブジェと、アイテムは年々広がります。
花田初登場、遠藤マサヒロさんのコーヒーフィルターホルダーは
充実のドリップ時間を豊かにしてくれるアイテム。
お洒落な風貌だけでなく、ホルダ―の後ろのマグネットも優れたポイントです。

料理の時間をスムーズに、ご機嫌な気分にしてくれる
おたま、杓文字、へらは大久保公太郎さんより。
そして食事をスマートに、美味しさをストレートに伝えてくれる
さまざまなスプーン、箸、菓子箸は
大久保公太郎さん、土井宏友さん、平岡正弘さん、ふじい製作所、森下綾さんより。

そして平林秀幸さんからは、手作りのナイフが届きました。
ペティナイフ、チーズナイフ、パン切ナイフ
持ち手柄の部分は、それぞれに色や材質が異なり、それだけでも選び応えがあります。
「多くの人にとって満遍なく便利」というよりは
「一人一人の手に合わせていく」というほうに近いという手作りのナイフ。
屋内、屋外を問わず暮らしのアクティビティの相棒として
是非、作者インタビューと合わせてご覧ください。

iiDA Woodturning の花器は「愛でるうつわ」
飯田慎一さんが手掛けたオイル仕上げの作品です。
花を活ける場合は、生花ではなくドライフラワーをお楽しみ下さい。

あえて手間をかけて作る、手仕事のぬくもり。
高い技術合間にキラリと光る遊び心
傍に置きたくなる出会いを、是非お楽しみください。

ピックアップ

クリックはこちらから

平林秀幸さんの手作りナイフ
人類と長い歴史をともにしてきた道具、ナイフ。
そのナイフ作りの道を選んだ平林秀幸さんにとってナイフとは
「多くの人にとって満遍なく便利」というよりは
「一人一人の手に合わせていく」というほうに近いというもの。
自然豊かな中で遊び、心身を育んだ平林さんにとって
ナイフがより身近で必要な道具であることは、ごく自然なことであったに違いありません。

ふと取り出した、使い込んだ格好いいナイフで林檎を剥く
スーッと薄くチーズを切る
弾力あるパンをスマートに切る…
屋内、屋外を問わず暮らしのアクティビティの相棒として
自分に合ったナイフとの出会いを楽しんでみたい…
そんな平林さんの手仕事です。
是非、作者インタビューと合わせてご覧ください。

クリックはこちらから

花田の「コレ」
目立たないかもしれないが、確かなうつわ
多くの食卓を美味しく、楽しく彩ってきたうつわを
そしてこれからも多くの皆様にご愛用いただきたい…
そんな願いを込めて、花田の「コレ」として
大切に選んだうつわをご紹介しております。

―予告―

SHOP EVENT 花田の展示会

クリックはこちらから

岡本修×ささきりえ 二人展

どこか飄々とした雰囲気が漂う、コミカルで独創的な絵付けが魅力の岡本修さん。
しなやかさを感じつつも、気骨ある造形がキラリと光るささきりえさんの金工。
九谷の現代色絵と、真鍮や錫のカトラリー。
エッジの効いた二人の個性がユニークにクロスします。


開催期間:2022年9月28日(水)〜10月3日(月)
※当展示会はWEBサイトと店舗で販売前プレビューを予定しております。
開催中、期間限定で店舗での販売も予定しております。
状況によっては直前での変更の可能性もあります。
当告知ページやSNS等でお知らせいたしますのでご確認ください。



  • オンライン商品の公開:9/28(水)夕方以降
  • オンライン販売:9/29(木)20:00 〜

  • 店舗プレビュー:9/29(木)
    うつわを手に取り、ゆっくりお楽しみいただける時間です。
    詳しくは九段店舗プレビューご案内をご確認ください。

  • 展示販売:9/30(金)〜 10/2(日)
    店舗営業時間:12:00〜17:00
    ※店舗プレビュー・販売共に予約なしでご入場いただけます。
    混雑している場合、入場を制限させていただく可能性がございます。
    店内ではアルコール消毒を設置し、ご来店時はマスク着用をお願いしております。


クリックはこちらから

ギフトについて
暮らしのうつわ 花田では、取り扱う商品のすべてをギフト用に包装することが出来ます。
さまざまな贈りものにどうぞご利用下さい。

承りましたギフトには、ご進物カードを添えて
心を込めてお包みしております。

クリックはこちらから

うつわを長くお使いいただくために
手作りのうつわは、長くお使いいただくために、少し気をつけることがいくつかあります。
それらは手作りならではの特性をケアするもので、難しいことではありません。
ちょっとした気遣いで、うつわは長持ちします。
どうぞ末長く、気持ちよくお使い下さい。

大切なお知らせ

オンラインショップ決済の手数料変更について
9月21日(水)より、下記の決済手数料が変更となりました。
・後払い決済 220円(税込)⇒240円(税込)
・コンビニ(番号端末式)・銀行ATM・ネットバンキング決済 330円(税込)⇒385円(税込)
ご利用のお客様には何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

次回更新のお知らせ

次回の更新は9月28日(水)です。
岡本修×ささきりえ 二人展について、
公開は9月28日夕方以降、販売開始は29日20:00となります。
詳しくはこちらからご確認をお願い致します。

instagramインスタグラム facebook フェイスブック twitter ツイッター YouTube メルマガ登録