LINE ライン instagramインスタグラム facebook フェイスブック twitter ツイッター YouTube メルマガ登録

花田オンラインショップ更新のお知らせ

2020年2月21日更新

クリックはこちらから

暮らしのうつわ 花田です。

ギャラリーの雰囲気がガラリと変わる、個性豊かな展示会がはじまりました。
水垣千悦さんと野口悦士さん。
今回はどんな雰囲気を愉しめるのだろうと、わくわくします。

日頃よりうつわについて、日常を舞台とする目線で見ることが多いので
自分の守備範囲を超えた、新しい価値観やセンスとの出会いは
大変刺激的です。

今回野口さんは、デンマークへ行かれているので、残念ながら在廊はありませんが
遠い地で慣れない土と格闘されたり、現地の材料で窯を作られたり
また、人との出会いを楽しまれているのかな…等
うつわを見ながら想像してしまいました。

水垣さんは、本日大分よりお越しいただき在廊されています。
このメルマガを配信したら、二人展の(蓋物・花器・壺)のページでご紹介中の
「噛む犬」「猛犬」の真意を伺ってみたいと思います。

SHOP EVENT 東京九段のお店のイベント

クリックはこちらから

水垣千悦×野口悦士 二人展
大好きな李朝の焼き物をベースに、自らのペースを保ちながら制作を続ける水垣千悦さん。
自ら考案したスイッチバックキルン(窯)を世界各地に築きながら、独自の制作世界を確立した野口悦士さん。
3度目となる両者の競演です。

企画展名:水垣千悦×野口悦士 二人展
開催期間:2020年2月21日(金)〜2月29日(土)午前10時30分〜午後7時
※会期中無休



作者の水垣千悦さんは、企画展初日の2月21日(金) 在廊予定です。
作り手との会話も是非おたのしみ下さい。


大切なお知らせ


―オンラインショップをご覧いただくお客様へ―
より多くのお客様に、展覧会のうつわをご覧いただけるよう努めておりますが 九段店舗と在庫を共有しているため、早い時間に売切れ品が出る場合がございます。
また、ご注文いただいた場合も店舗販売とのタイミングによりお品物がご用意出来ない場合があり、 ご注文より2日以内にお送りする確定メールにてご案内いたします。


九段店舗で開催中の展覧会
オンラインショップのページのご案内

水垣千悦×野口悦士 二人展のページは、5つのカテゴリに分けて ご紹介しております。
うつわ選びにどうぞお役立て下さい。

大皿・中皿・小皿
大鉢・中鉢・小鉢
飯碗・丼・湯呑
徳利・ぐい呑・片口
蓋物・花器・壺

展覧会ページのご案内

クリックはこちらから

大皿・中皿・小皿
独創的な皿の数々。
身近なうつわの雰囲気が変わると、
食卓の印象が大きく変わります。

薯蕷の生菓子「若緑わかみどり」
緑青に春の初々しさが際立って映えます。

クリックはこちらから

大鉢・中鉢・小鉢
陰影ある鉢の趣。
重厚な存在感は、食卓に静寂な雰囲気をもたらします。

野口さんの大きな平鉢は、皿の形状に近く
ホームパーティーや家族が集まる食卓に活躍しそうです。

クリックはこちらから

飯碗・丼・湯呑
ほっこりと落ち着く土ものの飯碗。
炊き込みご飯や、おこわなど
炊き立てのご飯が、ご馳走となるようね飯碗の数々です。

水垣さんのどんぶりは、サイズも豊富に揃いました。
たっぷりと頂く派、サクサクと軽く頂く派…
動きのある魅力的な刷毛目や三島手…
身近な日常使いをどうぞお選びください。

クリックはこちらから

酒器(徳利・ぐい呑・片口)
「これは」という好みのお酒に出会えたら、
やはり酒器も選びたくなります。
表情豊かなぐい呑、徳利、片口…

大地を思わせる土の風合いにお酒を注ぎ、山菜づくしを。
白魚、サヨリ、鰆と春の魚を楽しむのもいいですね。

クリックはこちらから

蓋物・花器・壺
普段に使いやすいサイズ、高さ15cm程の花器がいくつか揃いました。
一点もののでそれぞれに個性があり、
花を活けずとも十分に楽しめる存在感があります。

佇まいが素敵な蓋物、
シュールさが可愛らしい「噛む犬」「猛犬」も楽しい作品です。

クリックはこちらから

みずのみさ さんの色ガラス
カラフルな透明感が魅力の色ガラス。
みずのみささんが手がける、お洒落な色の組み合わせは
艶やかで、奥行きがあり、ポップで楽しい世界。
グラス、ボウル、足付のデザートグラスを新たにご紹介しております。

クリックはこちらから

花格子文蓋物
蓋を開ける楽しみも美味しさとなるような
根強い人気の蓋物。

西納三枝さんの花格子は、気取りのない雰囲気で
普段使いから、おもてなしまで活躍しそうなうつわです。

炊き込みご飯も旬の食材なら、立派なごちそう。
食卓の笑顔が目に浮かびそうです。

クリックはこちらから

【花田のコレ】
杉本寿樹さんの平ボウル

直径約21cmの7寸サイズに、丸くなだらかな深みをつけた
杉本寿樹さんの平ボウルシリーズは
お皿としても、お鉢としても使えるうつわです。
ありそうでなかったフォルムが、さまざまな料理を引き立ててくれます。

杉本さんらしい、ゆったりとおおらかに挽いたロクロ。
手作りならではのあたたかさや柔らかな雰囲気を感じます。

当初よりおでんのお皿として人気でしたが
スープパスタやジャージャー麺などの麺類や
麻婆丼、五目丼、炒飯などのご飯ものにもおすすめです。

クリックはこちらから

網手6寸鉢
丁寧な筆さばきの中にも、動きのあるしなやかさを感じる宮岡さんの網文。
内外に描きとふわっと開いた、広がりのある絵付けが魅力です。

香りと歯ごたえがご馳走の瑞々しい芹と鶏肉を
わさびと出汁醤油で和えて、清々しいひと品に。

6寸という使いやすそうなサイズも魅力。
手羽元と大根、里芋の蛸の煮付など煮物も映えそうです。

クリックはこちらから

「花田のコレ」再入荷をお知らせできる商品が増えました。
人気の「花田のコレ」は只今130種類ものアイテムが掲載中。
現在売切れとなっているうつわには
「再入荷のお知らせ」のご案内が始まっております。
入荷ごとにメールが届きますので、是非ご利用ください。

クリックはこちらから

ギフトについて
暮らしのうつわ 花田では、取り扱う商品のすべてをギフト用に包装することが出来ます。
さまざまな贈りものにどうぞご利用下さい。

承りましたギフトには、ご進物カードを添えて
心を込めてお包みしております。

クリックはこちらから

うつわを長くお使いいただくために
手作りのうつわは、長くお使いいただくために、少し気をつけることがいくつかあります。
それらは手作りならではの特性をケアするもので、難しいことではありません。
ちょっとした気遣いで、うつわは長持ちします。
どうぞ末長く、気持ちよくお使い下さい。

次回更新のお知らせ

次回の更新は2月27日(木)です。
どうぞお楽しみに。

LINE ライン instagramインスタグラム facebook フェイスブック twitter ツイッター YouTube メルマガ登録