MOAS作者一覧

作者

浅野奈生 ―あさの なお― (岩手県八幡平市)

浄法寺よりニューカマー
岩舘隆氏も認める塗りの美しさは、まさに浄法寺のそれ。
洗練のフォルムと浄法寺の柔らかく美しい漆は、相性ピッタリです。

作者

安達和治 ―あだち かずはる― (愛知県豊田市)

自称雑器作者の日常主義が花開く
織部、アメ釉、ルリ釉、トルコブルー…
古来より愛されてきた手法を用いつつ、それらを今様に仕上げます。
「少しでも多くの食卓で自分のうつわを使ってほしい」
至ってシンプルなこの願いこそが、
安達さんの仕事に奥深さを与えているのです。

作者

浄法寺(岩舘隆) ―いわだて たかし― (岩手県二戸市)

やわらかく、美しい浄法寺のうるし
国産漆の最大産地、岩手県浄法寺で作られる漆器が浄法寺塗。
漆の魅力を最大限に活かす岩舘隆氏の漆器の見た目の美しさ、
しっとりとした手触りは、一度経験すれば忘れられないことでしょう。

作者

大沢和義 ―おおさわ かずよし― (岩手県岩手郡)

おおらかで快適なうつわがもたらす気遣い
うつわづくりのベースは、本人曰く、形、装飾ともに単純であること、
剛と柔が両立していること、 そして、できるだけ安価であること。
作りだされるうつわは大らかで明朗快活でありながらも
常に周囲への気使いを忘れない、大沢和義さんの人柄そのものです。

作者

河上智美 ―かわかみ ともみ― (茨城県常総市)

瑞々しいガラス
若々しく、造形センスに溢れる吹きガラス作者の河上さん。
すぐにでも使いたくなるうつわが揃います。

作者

佐賀義之 ―さが よしゆき― (岩手県九戸郡)

浄法寺を支える伸びゆく木工職人
浄法寺では知らない人はいない、
名木地師佐々木米蔵さんの元で腕を磨き、
大野の地で自ら信じる仕事に取り組みます。
佐賀さんの仕事からは木への愛情がシンプルに伝わってきます。

作者

佐藤勲(東北巧芸舎) ―さとう いさお― (岩手県岩手郡)

やさしくシャープな木のうつわ
やさしさとシャープさのバランスが抜群です。
よりよいものを目指し続ける佐藤さんの木の仕事は
ベテランとは思えないくらい、常に前進していきます。

作者

林京子 ―はやし きょうこ― (石川県能美市)

林京子ワールドへようこそ!
鳥、花、風景、様々な文様が、いきいきとうつわに描かれます。
目を引きわくわくしてしまう楽しさ、
思わず笑みがこぼれてしまうかわいさ、安心感を与えてくれる暖かさ。
毎食登場してしまう、抜群に使いやすい林京子さんのうつわです。

作者

吉田学 ―よしだ まなぶ― (千葉県香取郡多古町)

紐づくりの魅力
吉田さんの仕事は主に、紐づくりによるもの。
かかる手間をものともせず、唯一無二の吉田スタイルを貫きます。

商品検索

キーワード検索