うつわ四方山話メインビジュアル

うつわ四方山話

うつわが出来るまでの想いやエピソード。実際に工房を訪ね作者とのやりとり。
うつわを通して知り合った様々な世界の方々との交流を、花田の読みものとしてご紹介致します。
うつわが一層楽しくなるような読みものです。どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

カテゴリ別に読む

  • ウツワノハナシ
    ウツワノハナシ

    花田オリジナルや新作のご紹介です。ショッピングページだけではお伝えしきれない、作る過程やエピソード等をお楽しみ下さい。

  • 工房を行く
    工房を行く

    骨董などの資料を携え工房を訪ねる花田。作者とやり取りを重ねたモノづくりの背景や工房の様子など作者を身近に感じることが出来ます。

  • hanada meets・・・
    hanada meets・・・

    うつわを通して知り合った様々な世界の方々との交流をインタビューや対談形式でご紹介しています。出会いを通じて点と点がつながり花田の世界が広がっています。

  • 千鳥ヶ淵の桜情報
    千鳥ヶ淵の桜情報

    東京九段に店を構える花田は絶好の環境ならではの視点で、蕾から、満開、そして散り際までと、桜の名所千鳥ヶ淵とその周辺の桜情報を写真とともに毎年お届けしております。

新着順に読む

稲村真耶×中荒江道子 二人展

  稲村真耶×中荒江道子 二人展 丁寧で繊細な仕事の中に 自然体でありながら、ふわりと優雅な空気を感じさせる 稲村真耶さんのうつわ。 人気のフレアカップや オリエンタルな魅力あふれる花文リム皿などの定番のほか […]

続きを読む

水垣千悦×吉田学 二人展

  水垣千悦×吉田学 二人展 刷毛目、三島、染付。 李朝のうつわに独特のユーモアが趣を添える 水垣千悦さんのうつわ。 品よくすっきりとした形や、 描かれる動物や植物の、飄々とした佇まい。 現代に生きる水垣さんの […]

続きを読む

土井宏友×松葉勇輝 二人展

  土井宏友×松葉勇輝 二人展 木と漆、そして伝統技法を大切にしながらも、 自由な感性で好きなことを突き詰め 作品へと昇華させる土井宏友さん。 アートピースのような絵皿や、 道具としての機能と漆器の魅力とが同居 […]

続きを読む

青と夏の小物展

  青と夏の小物展 明け急ぐ夜、夏至も間近となる頃は 青梅、琥珀糖、水ようかん、… 食は見た目の涼やかさにも心配る季節となります。 ルリ釉、藍釉、青白磁、涼し気に潤う青の世界。 瀧田操さんの人気のブルーは、新作 […]

続きを読む

土井宏友さん 作者インタビュー2024

花田:土井さんが木工、漆の世界に入られるまでを教えてください。(以下花田-) 土井:実家が手描きの友禅の家で、職人さんが着物を作っている中で育ちました。 子供の頃は、ファミコンもスマホもなかったですし、元々絵が好きで雨の […]

続きを読む

松葉勇輝さん 作者インタビュー2024

花田:焼き物との出会いはいつですか。(以下花田-) 松葉:高校時代です。 大阪市内のそこそこの進学校に進んだのですが、僕は「田舎から勉強頑張って、この学校に入りました」という感じで、音楽も好きだったしおしゃれもしたかった […]

続きを読む

ガラス展Part1

  ガラス展Part1 花田のガラス展が今年も始まりました。 朝の光の中で注ぐ一杯の水。 一日の疲れを癒す、グラスの中に立ちのぼる気泡、 花器を選び、草花を活けるひと時…。 日々の暮らしに溶け込んだ、様々なガラ […]

続きを読む

矢島操×山本哲也 二人展

  矢島操×山本哲也 二人展 矢島操さんと山本哲也さん、 異なる作風が、時に重なり、時に距離を保ちつつ 今年も二人展の舞台に新しいストーリが繰り広げられます。 モノトーンで表現される、おとぎ話のような世界。 躍 […]

続きを読む

初夏のうつわ展

  初夏のうつわ展 梅雨入りを前に、これから迎える暑さや湿度の対策に、 体や衣食住の準備をする「夏支度」の時期となりました。 汗をかくことも多くなり、食べやすいメニューを選びがちになりますが 季節の変わり目は、 […]

続きを読む

万作百趣 2024

  万作百趣 2024 いつも新しいことに目を向け、面白いことを発見する中尾万作さん。 日々の散歩から、読書、映画、美術鑑賞まで、 持ち続ける好奇心が、想像を広げ、次のアイデアへと繋がり 数多くのチャレンジを経 […]

続きを読む

ページトップへ