うつわ四方山話メインビジュアル

うつわ四方山話

うつわが出来るまでの想いやエピソード。実際に工房を訪ね作者とのやりとり。
うつわを通して知り合った様々な世界の方々との交流を、花田の読みものとしてご紹介致します。
うつわが一層楽しくなるような読みものです。どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

カテゴリ別に読む

  • ウツワノハナシ
    ウツワノハナシ

    花田オリジナルや新作のご紹介です。ショッピングページだけではお伝えしきれない、作る過程やエピソード等をお楽しみ下さい。

  • 工房を行く
    工房を行く

    骨董などの資料を携え工房を訪ねる花田。作者とやり取りを重ねたモノづくりの背景や工房の様子など作者を身近に感じることが出来ます。

  • hanada meets・・・
    hanada meets・・・

    うつわを通して知り合った様々な世界の方々との交流をインタビューや対談形式でご紹介しています。出会いを通じて点と点がつながり花田の世界が広がっています。

  • 千鳥ヶ淵の桜情報
    千鳥ヶ淵の桜情報

    東京九段に店を構える花田は絶好の環境ならではの視点で、蕾から、満開、そして散り際までと、桜の名所千鳥ヶ淵とその周辺の桜情報を写真とともに毎年お届けしております。

新着順に読む

中荒江道子×松本郁美 二人展

中荒江道子×松本郁美 二人展 確かな技術を駆使し、自身の感性をうつわとして形にしていく中荒江道子さん。 濃淡の美しい染付や、色の組み合わせが楽しい色絵の数々… 繊細な絵付けの中に描かれる三太郎やトラなどの小粋なモチーフに […]

続きを読む

中荒江道子さんインタビュー 2022

始まりは漫画から 花田:中荒江さんは、どのようにしてうつわの世界に興味を持つようになったのですか。(以下花田-) 中荒江:元々絵を描くのが好きで、ぼんやりとですが「絵を描く仕事をしたいな」と小学生の頃から思っていました。 […]

続きを読む

水垣千悦×山本亮平 二人展

水垣千悦×山本亮平 二人展 パンクロックと李朝を愛し、 自身の世界、ペースを守りながら制作を続ける水垣千悦さん。 三島や刷毛目、染付、そしてシンプルな無地…。 どのうつわもそれぞれに、味わいある奥深さをもちながらも 自由 […]

続きを読む

城進×増渕篤宥 二人展

城進×増渕篤宥 二人展 海外を旅する中で出会った染め物をヒントに、 オリジナルの鉄絵シリーズへと発展させた城さん。 角にやわらかな丸みをつけた角皿シリーズは 丸いプレートとはまた違った雰囲気があり、 使いこなしの冒険が楽 […]

続きを読む

安部太一×藤崎均 二人展

安部太一×藤崎均 二人展 ご自身も滞在したことのあるヨーロッパ郊外の空気が仕事に漂う、安部太一さん。 凛とした静けさをまといつつ、その造形が作り出す陰影は 雄弁でドラマチックな印象も併せ持ちます。 素材の味わいを活かしつ […]

続きを読む

浅野奈生さんの丸メンパ

浅野奈生さんの丸メンパ 2019年の春、岩手を訪れた時 浅野さんの工房に、丸メンパの試作が置いてありました。 円筒型の木地がテーブルに無造作に並んだ風景が 確かその時はサイズや、入れ子の数など…まだいろいろ検討中でした。 […]

続きを読む

安部太一さんインタビュー 2022

安部太一

この2年 花田:2年ぶりの展示会です。 前回お話を伺ったときは「自分にしか出来ないことを追求していきたい」と。 興味深いところでは「DJをやりたい」といったお話もありました。(以下花田-) 安部:DJですが、地元では何回 […]

続きを読む

春の色絵展

春の色絵展 大地が冬の長い眠りから覚め、花咲く季節がいよいよ到来。 春の食卓に並べてみたくなる、豊かな色彩で心惹かれる色絵のうつわをご紹介します。 古典文様から現代のオリジナルモチーフまで、絵付けの発想は自由自在。 絵付 […]

続きを読む

蓋もの、箱もの展

蓋もの、箱もの展 その楽しみは、蓋を開ける瞬間にあり、 中身が分かっていても、ワクワクしてしまう蓋物。 銅鑼鉢や箱ものに詰める楽しさは、 皿や鉢の盛り付けとは違う新鮮さが味わえます。 お気に入りのものなら、使う楽しさは更 […]

続きを読む

花月窯展

花月窯展 高麗や李朝、古伊万里などをベースに現代の食卓を彩るうつわ作りを続ける、志村睦彦さんと宮岡麻衣子さんご夫妻。 根幹にそれらの古典を置きながらその時どきのインスピレーションや感性を様々な形で昇華させ新たな形となって […]

続きを読む

ページトップへ