お問い合わせ 平日10:30-19:00
TEL:03-3262-0669
メールでのお問い合わせ店舗アクセス

うつわ四方山話メインビジュアル

うつわ四方山話

うつわが出来るまでの想いやエピソード。実際に工房を訪ね作者とのやりとり。
うつわを通して知り合った様々な世界の方々との交流を、花田の読みものとしてご紹介致します。
うつわが一層楽しくなるような読みものです。どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

新着記事

夏の差し色

夏の差し色

夏の差し色 夏に使いたいブルーやグリーンのうつわが届きました。 果物やビタミンカラーの夏野菜が映えるブルーはテーブルをグンと涼やかな雰囲気にしてくれます。 水色からルリ色までさまざまな色合いをご用意しました。 織部のグリ[…]

続きを読む

カテゴリ別に読む

  • ウツワノハナシ
    ウツワノハナシ

    花田オリジナルや新作のご紹介です。ショッピングページだけではお伝えしきれない、作る過程やエピソード等をお楽しみ下さい。

  • 工房を行く
    工房を行く

    骨董などの資料を携え工房を訪ねる花田。作者とやり取りを重ねたモノづくりの背景や工房の様子など作者を身近に感じることが出来ます。

  • hanada meets・・・
    hanada meets・・・

    うつわを通して知り合った様々な世界の方々との交流をインタビューや対談形式でご紹介しています。出会いを通じて点と点がつながり花田の世界が広がっています。

  • 千鳥ヶ淵の桜情報
    千鳥ヶ淵の桜情報

    東京九段に店を構える花田は絶好の環境ならではの視点で、蕾から、満開、そして散り際までと、桜の名所千鳥ヶ淵とその周辺の桜情報を写真とともに毎年お届けしております。

新着順に読む

竹中悠記さんインタビュー

モノを作って食べていく… 花田: 竹中さんは、小さいころからものを作るのは好きだったのですか。 竹中: 絵を描くのは好きでした。 漫画みたいなものを描いたり…。 -:ガラスと出会うのは? 竹中: たまたま本で見て、魅かれ […]

続きを読む

夏の差し色

夏の差し色 夏に使いたいブルーやグリーンのうつわが届きました。 果物やビタミンカラーの夏野菜が映えるブルーはテーブルをグンと涼やかな雰囲気にしてくれます。 水色からルリ色までさまざまな色合いをご用意しました。 織部のグリ […]

続きを読む

生島明水さんの小紋グラス

粋な小紋グラス 白の縦縞に愛らしい小紋を散らした小振りのグラスです。 冷やした緑茶や中国茶にいかがでしょう。 もちろん日本酒や紹興酒などのお酒にもどうぞ。 ▼ ガラスの一覧はこちらから ▼ ≫生島明水さんの商品一覧はこち […]

続きを読む

山口硝子の筒ガラス

山口硝子の筒ガラス 山口硝子は複雑なガラス製品を手作業で作り続け、国内メーカー向けのガラス機器を製作しています。 長年培ってきた熟練の技を生かし、何か新しいもの作りが出来ないものか… そんな発想からスタートして食卓で使う […]

続きを読む

硝子の道のり

硝子の道のり 花田のガラス展も今年で15年目。 ご紹介するガラスのうつわの種類も、作者の顔ぶれも、年々広がりを見せています。 多くの人を魅了しつづける、ガラス。 実はガラスそのものの歴史は長く、はるか昔から人との関わりが […]

続きを読む

ガラス展 出展作者

ガラス作者 当初2~3名でスタートしたガラス展。 現在は吹きガラスをはじめ、10名以上のガラス作者が名を連ね毎年のように新しい作者が増えてきました。 透明感、清涼感、カラフル、可愛らしさ、繊細さ… それぞれに異なる魅力を […]

続きを読む

拡大2部構成のガラス展

※画像は2018年の展示会のもので現在オンラインショップでご紹介しているうつわとは異なります 拡大2部構成のガラス展 今年で15年目を迎えた花田のガラス展。 手作りのガラスと言えば宙吹きのグラスが主だった初期のガラス展か […]

続きを読む

「水垣千悦×野口悦士 二人展」ギャラリーの様子

水垣千悦×野口悦士 二人展 常に明るく会話好きなKazuさん ギャラリーからはお客様との楽しそうな声が頻繁に聞こえてきます。 愛する李朝の焼物をベースにした仕事を続ける水垣千悦さん。 世界各地で制作活動を展開する野口悦士 […]

続きを読む

ページトップへ