お問い合わせ 平日10:30-19:00
TEL:03-3262-0669
メールでのお問い合わせ店舗アクセス

工房を行く

花田の読みものトップページ

うつわが出来るまでの想いやエピソード、
実際に工房を訪ね作者とのやりとり
うつわを通して知り合った様々な世界の方々との交流を花田の読みものとしてご紹介致します。
うつわが一層楽しくなるような読みものです。
どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

吉岡 将弐の『今』―第2回 新作展を控えて―

吉岡 将弐の 『今』 第2回 新作展を控えて 吉岡将弐さんは今年 新しい工房へ引っ越しました。 金沢近郊の住宅地を離れ 隣町白山市の緑広がる田園地帯での制作が 新たに始まったのです。 そこは 一歩外へ出ると新鮮な空気いっ […]

続きを読む

厳冬の日々 ―林京子・新作うつわ展を控えて―

厳冬の日々 林 京子・新作うつわ展を控えて 1年半毎に開かれる林京子さんの新作展、 今回は2月21日(水曜日)から始まります。 最後の窯出しと打ち合わせの為2月初めの週末、 石川県能美市の工房にご夫妻をお訪ねしました。 […]

続きを読む

工房を行く イム サエム 新作展を前に

初登場「手付きポトフボウル」について 今年のイムサエム新作展は12月3日(日曜日)から始まります。 余すところあと一週間足らず 熱心なイムさんファンの中には今からわくわく 胸がときめいておられる方もいらっしゃるでしょう。 […]

続きを読む

西納三枝×山本恭代 ―直前訪問記―

『響きあう ふたり展』を前にして 西納 三枝(染付)・山本 恭代(色絵)を訪ねる 染付、色絵の分野で絶大な人気を誇った正木春蔵氏の下、 愛弟子として長く修練を重ねたふたり。 独立して10年、 ともに各々の個性を活かした仕 […]

続きを読む

吉岡 将弐、初個展を控えて ―直前訪問記―

吉岡 将弐、初個展を控えて ―直前訪問記― 金沢に工房を構える吉岡 将弐さんを訪ねたのは 大雪警報の出た1月中旬のことでした。 到着してみると すでに雪は止んでいますが 辺り一面真っ白、 直前まで 大雪に 見舞われていた […]

続きを読む

工房を行く イム サエム

「今、イムサエムの時。」-新作展を控えて- 11月1日からの2年ぶりの個展を控えて10月も半ば 愛知県豊田市にイムサエムさんを訪ねました。 朝5時に車で家を出て約5時間半、工房に到着します。 いつもの事ながら和やかなご夫 […]

続きを読む

工房を行く ガラス作者河上智美

ガラスを吹いている時が一番楽しい! ガラス展を前に制作のシーズン真っ只中の河上智美さんの工房を訪ねました。 若々しい造形センスに溢れる河上さんのガラスは カジュアルで瑞々しく、現代の食卓やインテリアに自然に馴染みます。 […]

続きを読む

九谷青窯 工房を行く

九谷青窯と花田 花田四十年の歴史を振り返る時、 九谷青窯の存在を抜きにして語ることはできません。 九谷青窯は花田の創業遡ること三年、 現在も主宰者である秦耀一氏を中心に 三十代前後の 前途有為な陶工三~四名の集団で出発し […]

続きを読む

直前訪問記(西納三枝、吉岡将弐)

10月企画展 直前訪問記 正統・染付を観る ――西納三枝・吉岡将弐―― 現代的な創作文様 洒落たヨーロッパ文様の うつわが好まれる風潮にあって  染付を天職と捉え長い修業に励んで 伝統的な技や精神を磨き上げ制作に打ち込む […]

続きを読む

直前訪問記(内村七生、山本恭代、日下華子)

直前訪問記 光る女性陶芸家 ――個性派3人展―― 今や陶芸界では 多くの女性が活躍しています。 花田でも 進境著しい 輝くばかりの女性陶芸家が 数多く目を惹きます。 天性の画才が 冴える 内村七生 爽やかに 洗練を演出す […]

続きを読む

ページトップへ