九段店舗は臨時休業中です

阿部春弥さんインタビュー2019


阿部春弥作者インタビュー

「7寸鉢」と「7寸皿」どちらでも

花田:今回の新作についてお話を伺いたいと思います。
まず、阿部さんがオーバルBと呼んでいるこちらのお皿です。
前回、フランスの大きめのオーバルディッシュを模してもらったものに、奥行きを加えたような形です。(以下花田-)

阿部春弥作者インタビュー

阿部:今の食生活を思い浮かべたとき
「もう少しゆとりを持たせたほうが使いやすいかな」と思いました。
銘々皿としても盛り皿としても使えます。

-:深さはいかがでしょうか。

阿部:汁物になっても使えるような深さをつけ、縁への立ち上がりを緩やかにしたので、ギュウギュウに盛り付けても見た目が窮屈にならずに、余白を確保できます。

-:阿部家でも、今は7寸皿の代わりに使っているそうですね。
パスタとかカレーとか…。

阿部:カツオの叩きでもいいですし、そんなに食べないですけどローストビーフとか(笑)。
立ち位置としては「7寸の皿と鉢」どっちの感じでもいけるのかなと思います。

-:深さがあるので、鉢として使うこともできるし、深さを無視して平皿としても使えそうです。

モコモコ感

-:このうつわで気に入っているところは他にありますか。

阿部:このモコモコ感というか…。決まりすぎないかたちを目指しました。
少しラフな形のほうが、料理を盛り付けたときにちょうどいいのかなって。

-:4色あります。阿部さんのお好みは何色でしょう。

阿部春弥作者インタビュー

阿部:白が一番使いやすいと思いますが、うちでは萌黄を使っています。
うつわだけで見ているより、料理を盛るとしっくりくるんですよ、この色。
色合いが優しいので、どんな料理ともけんかしないで受け止めてくれるかなって思います。
スパイス系のカレーなんか意外としっくりきます。

おにぎりプレートにも…

-:この長方皿はいかがですか。
オーバルと同じく、モコモコを活かしつつの形違いです。

阿部春弥作者インタビュー

阿部:今まで正円のものが多かったので「四角や楕円のものも必要だな」と思って作ったものの一つです。
中皿くらいのサイズ感で深さがありますが、この四角い感じで取り皿に使えるのが新鮮かなって。
あとは、おにぎりプレートや、朝食の卵とサラダとソーセージみたいなワンプレート。
四角は食卓で場所とらないですよね。

-:阿部さんは4人家族だから4枚ですね。

阿部:はい、人数分要ります。
スタッキングも効くようにしました。

阿部春弥作者インタビュー

-:他、工夫されたことはありますか。

阿部:厚みです。重くても良くないけど、不安を感じるような薄さもいけません。

雰囲気はダウンサイズしないように…

-:牡丹文の5.5寸皿です。見慣れた文様のはずなのに、新鮮です。
牡丹文を使われようと思ったのはなぜですか。

阿部春弥作者インタビュー

阿部:牡丹文が好きだということもありますし、この文様、小さくしても好きな雰囲気が残るんです。 例えばこれを宝相華文ですると「こじんまり感」が出てしまいます。

-:サイズを小さくしながら石膏型を起こし直す作業はいかがでしたか。

阿部春弥作者インタビュー

阿部:牡丹文の本来の雰囲気までダウンサイズしてしまうといけないので、
バランスには気を使いました。
牡丹文の立体感を残しつつ、小さくなった分、枝や葉のメリハリははっきりさせました。

阿部春弥作者インタビュー

-:そういえば、また.5で刻みましたね。

阿部:ええ、刻みました(笑)。
(前回のインタビューで、阿部さんのうつわには3.5寸、4.5寸、5.5寸など、.5寸刻みのサイズが多いことが話題になりました)

小さくしたら用途が広がった

-:続いてこちらの、手つき片口豆鉢です。

阿部春弥作者インタビュー

阿部:背を低くしたら、より存在感が出た気がします。
ちょっとした薬味やディップに使いやすくなりますね。
一般的には、大きくすると用途が広がりますが、これに限っては、小さくしたことで逆に用途が広がったような気がします。

-:薬味やディップだけではなく…。

阿部:味噌、マヨネーズ。

-:野菜スティック…。

阿部:タコ焼きパーティーで、青のりやら…。
プレートに置いても使えそうです。

-:色々楽しめそうですね。

阿部春弥作者インタビュー

とっておきの「たまごかけご飯」

-:さあ「たまごかけご飯」です。

阿部:とっておきの(笑)。

阿部春弥作者インタビュー

-:始めて、4年くらいになりますかね。
「もっと広まってもいいはず」ってずっと話しています、阿部さんと僕の間では(笑)。

阿部:騙されたと思って…(笑)。
これ、本当にウチでもよく使っていて、朝昼晩使える器ですよ。

-:意外と、ありそうでない大きさかたちだと思うんですよね。
たまごかけご飯、みんな好きですし。

阿部春弥作者インタビュー

阿部:みんな、好きだと思います。
それに、朝はたまごかけごはんだし、お昼はざるうどんのつゆだし、夜はサラダのドレッシングを作って…。納豆も…。
いや、この片口の部分に粒が残っちゃうかな(笑)。
混ぜやすいかなとは思います。

阿部:たまごかけご飯と言っても、うちは玉子をシェアするので、シェアするからこその片口なんです。オカズ、他にもありますから。

-:そもそも、それがしたくて作ったうつわですよね。

阿部:はい。そのために作ったんです。溶いて、醤油入れて、シェアできる。
二個くらいまでならいける大きさにしました。
で、片口は大きすぎると持つのが不安になるので、この径と深さになりました。

-:とにかく便利なたまごかけご飯です。色も増えましたので、楽しみです。
展示会もよろしくお願いします。

阿部:こちらこそよろしくお願いします。

阿部春弥作者インタビュー

※箸置(猫)は店舗のみでの販売となります。





▼ 阿部春弥×日高直子 二人展の商品一覧はこちら ▼ 阿部春弥×日高直子 二人展



ページトップへ