矢島操×山本哲也 二人展


動画

 

矢島操×山本哲也 二人展

矢島操さんと山本哲也さん、
異なる作風が、時に重なり、時に距離を保ちつつ
今年も二人展の舞台に新しいストーリが繰り広げられます。

モノトーンで表現される、おとぎ話のような世界。
躍動感がほとばしる矢島さんのカキオトシは
絵巻物のような長皿で登場。
彫り込んだ手跡と、艶黒のコントラストが魅せる凹凸は
版木のような力強さを湛えます。

山本哲也さんの金彩釉印判は、幾何学文様と合わせることで
いぶし銀の光沢に、中世の銅版画を思わせる
ノスタルジックな佇まいが、テーブルの雰囲気を一変させます。
深い玉虫色と出会う、和洋中にメニュー。
マッシュルームと春菊のシンプルなサラダが
特別なドレッシングを纏ったように見える
嬉しいイリュージョンが待っています。

お互いの世界を行き来し、
影響し合いながらも、まったく違う世界を作り出す二人のカラー。
それぞれの「彩」が奏でる、焼き物二重奏の開演です。

▼ 矢島操×山本哲也 二人展の商品一覧はこちら ▼ 矢島操×山本哲也 二人展

▼ 2019年 矢島操さんのインタビューはこちらから ▼


▼ 2019年 山本哲也さんのインタビューはこちらから ▼


 

ページトップへ