岡本修 ・ 青山徳弘  新作披露の会

岡本修 ・ 青山徳弘  新作披露の会

8月、花田に異色のセンス 二人が登場します。

岡本 修   (41) 色絵・九谷青窯OB
青山 徳弘 (50) 美濃染付・草の頭窯 青山禮三 四男

 ニューフェイスとはいえ、二人とも経験十分な実力派です。
岡本さんは、九谷青窯のスタッフとして18年間勤務、昨年10月に独立しました。
青山さんは、父君禮三さんを支えて28年、草の頭窯の作り手として中核をなしてきましたが、
2001年に独立、近くの瑞浪市山中に「青山窯」を立ち上げました。

岡本さんの器には、多彩な色使いとユニークな文様に際立った個性が見られます。
彼の器は昨年暮、初めて店頭に陳列されたのですが、その個性ゆえにお客様からお尋ねや期待が多数寄せられました。 ならばということで、岡本さんとも十分相談した上で、彼のセンス をいっそう展開した試作に挑んでいただくことになりました。 試作の段階で、今までの花田にな い、楽しくてちょっとユーモラス、それでいてお洒落な雰囲気が多数出来上がってきたのです。
その中から30点を厳選し、一挙にご覧頂きます。
中皿、八寸皿、鉢だけでなく、四方鉢、長角皿等、形の上でなかなか楽しめる器が揃います。

 青山さんの作る器は、28年のキャリアを感じさせる説得力があります。 麦藁手ひとつとってみても、繊細でありながら柔らか、こんなに密な間隔で緊張感を少しも与えない、見事な出来栄えです。
今回は、そうした従来からの文様や形を発展させて、花火文様 の平鉢や小鉢、内側が擦り鉢になっている当り片口小鉢といった、食卓を楽しくする新しいタイ プの器がご覧頂けます。

是非、皆様のご来店をお待ちしております。


企画展名: 岡本修 ・ 青山徳弘  新作披露の会
期日:2004年8月13日(金) ~ 8月21日(土)午前10時30分~午後7時 ※会期中無休

過去のギャラリー一覧

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

作者から選ぶ

当店でのお客様の個人情報はJPRSのSSLにより保護しております。

ページトップへ